履歴書・職務経歴書の書き方

履歴書・職務経歴書の書き方

書類作成する前に・・・

履歴書・職務経歴書作成の前に今までのお仕事で得た知識や経験、その実績、保有資格、など箇条書きで構いませんので書き出して下さい。書き出して頂いたらその中から整理をしていき、ご自身の強み(自己PR)を把握して頂きます。そうすることで、コンパクトにまとめた履歴書、職務経歴書が作成できます。
第一次選考は書類選考となる為、書類の完成度によって第二次選考(面談)への道が変わってきてしまいます。言い換えると、書類だけで判断されてしまうので、人事担当者が会いたいと思わせる履歴書、職務経歴書を作成して下さい。

履歴書作成

履歴書はあなたを最初にPRする重要な書類。
企業の採用担当者はその内容をみて、採用可否の判断をする審査書類でもあります。たとえ職務経歴書を同封していても、決して履歴書作成に手を抜いてはいけません。履歴書だけでも充分なアピール力が必要です。
というのも、採用担当者はまず履歴書をチェックします。
履歴書の印象が悪ければ職務経歴書まで見てもらえない可能性もあります。

履歴書・職務経歴書の書き方

(1)日付・提出日

提出日とは郵送の場合はポストへの投函日、持参の場合は持参日となります。

  • ・履歴書全体で西暦か元号表記かを統一して記載しましょう

(2)写真

  • ・写真を撮影する際には好印象を与える表情・服装を心がけましょう。
  • ・写真の撮影は出来るだけ写真館で行い、スピード写真は使用を控えましょう。
  • ・提出日から3ヶ月以内に撮影したものにしましょう。
  • ・写真の裏には名前を記入しましょう。写真が剥がれても安心です。

(3)氏名

  • ・氏名はとにかく丁寧に書きましょう。
  • ・名字と名前の間は少しあけます。
  • ・「ふりがな」はひらがなで記載し、「フリガナ」はカタカナで記載しましょう。

(4)年齢

  • ・提出日の満年齢を記載しましょう。

(5)住所

  • ・都道府県名やマンション・アパートの名称、部屋番号も省略せずに書きます。また「4-1-30」ではなく「4丁目1番30号」と正式に記載しましょう。

(6)電話番号

  • ・固定電話・携帯電話両方記載します。※片方しかない場合は片方でも問題はありません。

(7)メールアドレス

  • ・勤務先のE-mailは不適当ですので、個人の携帯アドレスやフリーメールなどを記載しましょう。
履歴書・職務経歴書の書き方

(8)学歴

  • ・学歴はまず1行目の中央に「学歴」と記載し、2行目から実際の学歴を過去のものから記載しましょう。
  • ・学歴に関してはどの時点の学歴から書いても構いませんが、中学入学又は入学卒業から記載するのが一般的です。
  • ・学校名は略さず正式名称で記載しましょう。(「○○区立」「○○県立」など)高等学校・専門学校・短期大学・大学
    では「学部・学科・専攻」まで記載します。※受験浪人期間の記入は不要です。

(9)職歴

  • ・職歴の学歴と同じようにまず1行目の中央に「職歴」と記載し、2行目から実際の職歴を過去のものから記載しましょう。
  • ・会社名は略さず正式名称で記載
  • ・企業の合併・買収などで、社名が変わった場合は、○○株式会社(現△△株式会社)と記載しましょう。
  • ・正社員以外の雇用形態(契約社員・派遣社員)は「株式会社○○入社(契約社員・派遣社員)」と記載しましょう。
  • ・最終行に「現在に至る」と記入しましょう。
  • ・退職理由については「一身上の都合により退職」とするのが一般的ですが、「業績不振による希望退職」「出産のための退職」「定年退職」などは記載しても大丈夫です。

(10)賞罰

  • ・賞罰とはその名の通り、賞となるものと罰となるものです。
  • ・賞罰は学歴・職歴の次の行から記載します。該当がなければ「賞罰なし」と記載しましょう。
  • ・記載したその下の行に右寄せで「以上」と記入して締めましょう。
履歴書・職務経歴書の書き方

(11)免許・資格

  • 資格は正式名称で記載しましょう
  • 業務に関連する資格を記載しましょう
  • 現在習得のために勉強中のものも記載しましょう

(12)通勤時間/配偶者の有無

  • ・転職では通常90分以内が通勤圏内だと考える。通勤が90分を超える場合、転居が可能であれば、本人希望欄などにその旨を簡潔に記載しましょう。遠隔地からの応募では内定後に転居可能と意欲を示しましょう
  • ・配偶者の有無は家族手当など、待遇面に影響することがあるので正直に記載しましょう

(13)特技・趣味・得意科目など

空欄にするのはあまり良くありません。面接の際に趣味や特技から話が弾むことがあります。興味があるものでも記載しましょう。※採用担当者が懸念を抱くような趣味(ギャンブルなど)は記載するのは控えましょう。

(14)志望動機

経験に基づいた具体的な志望動機を記入
「貴社の将来性に興味がある」「貴社の社風に共感したため」などとあいまいな表現ではなく、応募企業で貢献できることを考えて作成しましょう。

(15)本人希望欄

原則は「貴社規定でお願いいたします」と記載しましょう。
応募する際に複数職種を希望している場合、希望職種を記載しておきましょう。

履歴書フォーマットのダウンロード

職務経歴書

履歴書・職務経歴書の書き方

(1)日付・提出日

提出日とは郵送の場合はポストへの投函日、持参の場合は持参日となります。

(2)氏名・年齢

  • ・丁寧に記載しましょう
  • ・提出日の満年齢を記載しましょう

(3)職務経歴要約

  • ・今までの経歴を簡単にまとめて採用担当者に興味をもっておらえるように記載しましょう。
  • ・応募する企業で求められている経験を強調して記載しましょう。

(4)会社概要

  • ・勤務された企業の情報をわかる範囲で記載しましょう。

(5)職種

  • ・部署名・役職・部署人数など勤務されていた内容を記載しましょう

(6)担当業務

  • ・実際に行っていた業務を記載しましょう。
  • ・募集内容で合う内容に関しては即戦力となれること印象づけられるように詳細まで記載しましょう。

(7)実績

  • ・新たな試みや主体的に企画し行動したことを是非アピールしましょう。
  • ・希望職種に必要な能力を発揮したものはもちろん記載しましょう。
  • ・コミュニケーション能力やマネジメント経験なども含むとより好印象になります。

(8)退職理由

  • ・一身上の都合・企業都合と記載せず、その時に退職を決意した理由を正直に記載しましょう。

退職理由があり、現在につながっている場合は転職理由で好印象になる場合もあります。

(9)取得資格

  • ・資格は正式名称で記載しましょう
  • ・業務に関連する資格を記載しましょう
  • ・現在習得のために勉強中のものも記載しましょう

(10)パソコンスキル

  • ・Word・Excelなどどの程度使用できるのか記載しましょう。

(11)自己PR

読みやすくて、わかりやすい内容で纏めることを心掛けてましょう。
書類作成能力や表現力が問われています
仕事に対しての姿勢や取り組み方、企業にとって貢献できる内容などをしっかりアピールしましょう。
過剰なアピールは逆効果になりますが、アピール不足ではマイナスポイントとなってしまいます。
応募する企業がどのような人材を求めているのかを把握して、企業の視点でアピールすることも大切です。

職務経歴書フォーマットのダウンロード

お仕事検索個人の方お問い合わせ